ken46@30代社畜の億り人計画(ライフ・仮想通貨・マネー)

社畜のために社畜が学ぶ生活力向上塾

ビットコイン100万円の次は1万ドル超え達成

ビットコインの価格が、2019年6月22日に10,000ドルをサクッと超えていきました。

 

先週16日に、100万円を突破し、日本国内ではニュースやSNSで話題になり、盛り上がりを見せました。

 

株式市場が閉じている週末に、仮想通貨が盛り上がる流れができてますね。

しかし、BITCOINは、株式市場とは違って日本国内だけで取引さているわけではありません。世界中で、24時間365日、絶え間なく取引されています。

 

100万円という切りのいい数字は、日本人にはインパクトが大きいですが、日本円だけで、その価値を評価しても意味がありません。

ビットコインが節目として意識されている1万ドルを超えるか、超えずに跳ね返されるのか、そこに世界中の関心が集まっていました。

 

そして、今日あっさり1万ドルを超えたのです。仮想通貨相場が熱すぎる。

 

f:id:ken46abeshi:20190622171516p:plain

㊗ビットコイン価格10,000ドル超え

ビットコイン(BTC)が1万ドルを超えて世界の反応は?

ビットコイン1万ドル超えに喜びの声(Twitter)

 

「ビットコインが10,000ドルを超えれば、次は15,000ドルまで届くだろう」と、世界的にも有名な投資家たちが、今後の上昇期待をツイートしています。

 

 

 

 

1万ドルを超えたビットコイン上昇の理由

世界情勢の不安を背景に、法定通貨が仮想通貨ビットコインに流れていることが理由にあげられています。

米中の貿易戦争に始まり、イランとアメリカの軍事衝突の危機から戦争発展への懸念など、世界経済に影響を与えるのは、やはりアメリカ・トランプ大統領。

 

さらには、アメリカ人が、仮想通貨のアルトコインにおける証券問題に直面し、取引所Binance(バイナンス)を使えなくなるために、アルトコインを一斉にビットコインに換金しているとの話も出ています。 

 

バッドニュースの一方で、グッドニュースも各方面から出ていました。

 

Facebookが仮想通貨「Libra(リブラ)」を発行すると発表し、ブロックチェーンの実用化とそれに関連するコインへの実需が見込まれることも背景にあります。

また、LINEが発行する仮想通貨LINKが国内で新規上場するかも、などと、今後の展開に期待できそうな好雰囲気が相場を押し上げます。

  

 

社畜投資家な私の投資方針

ビットコインが盛り上がるなか、勢いにつられて高値で購入して、暴落相場にハマってしまい、含み損を抱える状態にだけはなりたくない。

私は2017年12月のバブルから翌2018年1月の崩壊を経験しているので、どうしてもこのままノンストップで上がり続けるとは考えられず、今は何もできないまま静観しています。

 

ただ単にビビって、チャートを見てるだけ。

 

ボラティリティの激しい仮想通貨投資においては、指値注文を有効に使い、「安く買って、高く売る」を実行するのが勝利のカギと確信しています。

 

「FOMO(fear of missing out)」=出遅れることへの恐怖

 

相場の上昇に出遅れて、何もしないでチャートを見ていると何だかとても損している気になります。

 

相場がバブルを作るのはイナゴ投資家の新規参入が買いを活気づけ、最終的に損失を請け負うからです。

まだまだ上がるだろうと自分勝手な期待から買いに走り、天井を付ける手前で大口投資家が上手いこと売り抜けて、価格は一気に下落。最後に残ったド素人だけが含み損を抱えてしまう。

 

私が、株式市場でも、仮想通貨市場でも味わってきた屈辱です。

 

相場の養分になるイナゴ投資家にだけはなりたくない!!

ここは買いたい気持ちをグッと我慢して、暴落してから安値で買うチャンスを待つのみ!!

 

www.ken46life.site

 

bitbank