ken46@30代社畜の億り人計画(ライフ・仮想通貨・マネー)

社畜のために社畜が学ぶ生活力向上塾

5月22日ビットコイン・ピザデー(Bitcoin Pizza Day)★祝10周年

2010年5月22日_現実の世界で初めてビットコイン決済がされた日

 

10,000BTCのビットコインと、ピザ2枚が交換されました。

ただし、10年前のこの日、ピザ2枚に対する代金の支払いとして、仮想通貨ビットコインを直接お店に支払ったわけではありません。

f:id:ken46abeshi:20200524112746p:plain

ビットコイン・ピザデー(Bitcoin Pizza Day)とは

2010年5月18日、アメリカ人でフロリダ在住のプログラマー、ラズローさん(Laszlo Hanyecz)が、「ビットコインを10,000枚あげるから、誰かピザを買ってくれないか?」とインターネットの「ビットコイン・フォーラム」というサイト上で呼びかけました。

 

この書き込みに対して、イギリスの学生であった、ジェレミーさん(Jeremy)が反応。オンラインで注文できるアメリカのピザ屋を探し、クレジット決済でピザ2枚を注文。

そして、5月22日に、ラズローさんの自宅にピザが届き、その対価としてラズローさんからジェレミーさんへ10,000BTCを送金したという話。

 

 ↓当時のラズローさんの書き込み

Pizza for bitcoins?

f:id:ken46abeshi:20200524081154p:plain

【出典】Bitcoin Forum

「I'll pay 10,000 bitcoins for a couple of pizzas.」

(和訳)ピザ2~3枚に10,000ビットコインを支払うよ。 

 

超ど素人がはじめる仮想通貨投資

超ど素人がはじめる仮想通貨投資

  • 作者:seiya
  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

2020年まで持ち続けたら億万長者だった

10,000BTCでピザ2枚を買わず、2010年から10年間持ち続けれていれば、ラズローさんは億万長者でした。

 

10,000BTCを、2020年5月時点の日本円で換算すると、

2020年5月下旬のビットコイン価格が100万円の前後を行ったり来たりしているので、分かりやすく約100万円として計算

[10,000BTC × 1,000,000円 = 10,000,000,000円] 

0が1,2,・・・10個で、ひゃ、ひゃ、100億円!!

価格の上げ下げを急激な速度で繰り返してきたビットコイン

乱降下の激しいビットコインをガチホし続ける根性はなかなかない!

 

2010年5月時点で、1ビットコインの価格が約0.0025ドル

当時の為替が1ドル約90円のため、2010年5月の10,000BTCの価値は、日本円でおよそ2,250円でした。(0.0025×90×10,000=2,250円)

 

ましてや、10年前は世界でもごく少数のプログラマーにしか知られていなかった仮想通貨。それが、10年後に、1万ドル(日本円で100万円)の価値がつくなんて想像しがたい。

とはいえ、世界にはビットコインを黎明期からガチホし続けたことで、億万長者になった人も存在するわけなので、ガチホできる強い精神力と握力が、後に巨万の富を生むこともまた真実!

「Bitcoin Pizza day」祝福する世界の声

ビットコインが好きな人、ビットコインの将来的な価値を認めている人たちは、この歴史的な記念日である、5月22日にピザを食べてお祝いするのが習慣になっています。

 

最近はコロナ関連で話題が独占されていることもあり、仮想通貨に関する事がニュースにならないので、世間の関心は薄い。

しかし、日本国内、海外でも、多くの人がSNSを通じて、【Bitcoin Pizza day】を祝福する姿がアップされています。

 

www.ken46life.site