ken46@30代社畜の億り人計画(ライフ・仮想通貨・マネー)

社畜のために社畜が学ぶ生活力向上塾

2020年勝負!ビットコインキャッシュとモナコイン上昇に賭ける

2020年は、仮想通貨投資で億り人になる勝負・チャンスの年

 

なぜなら、市場にお金が入って来て、バブルの再来を予感させるから。(・・・まぁ、なんとなく、素人目線で。)

そんな期待の中、億り人になりたい私が買い集めているコインは2つ。

 

f:id:ken46abeshi:20200119162639p:plain

 

1⃣ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)

2⃣モナコイン(MONA)

 

根拠として、いずれも、2020年に半減期を迎えること。そして、上がりだすと一気に2倍~3倍まで価格が急上昇するコインであること。

 

coincheck.com

ビットコインキャッシュ・モナコインの保有状況

ドルコスト平均法的に、私は手元にお金(日本円)がある時に、国内取引所Bitbankで購入してきました。

社畜の収入源である給料日やボーナス支給時に、コツコツと買い集めた結果。

 

1️⃣ビットコインキャッシュ(BCC)

・保有量:44.6053

・平均単価:約35,500円

 

2⃣モナコイン (MONA)

・保有量:3,810

・平均単価:約110円

 

f:id:ken46abeshi:20200119165434p:plain

(Bitbank 銘柄一覧より)ビットコインキャッシュ・モナコイン

 

bitbank

ビットコインキャッシュ・モナコインの買いチャンス

正月明けぐらいから、ビットコインキャッシュ(BCC)とモナコイン(MONA)の価格が上がっていました。他のコインとは、明らかに上昇スピードが違う。

「急騰しても、すぐ急降下するパターンかもな。」と、ビビって、買いをためらっている間に、価格がどんどん上がっていきました。

 

 

 

後悔先にたたず

ビットコインキャッシュが、20,000円。モナコインが、90円。

あの時・あの安値で買えていたら、今頃は余裕で価格の推移を見ていられたのに!と、意味のない、タラレバ後悔をしています。

この反省は次の暴落時に活かそう。

ビットコイン(BTC)は100万円超え

2020年1月19日、仮想通貨の王様ビットコインが、日本で特に注目される指標の【1BTC=100万円】を再び超えました。

 

 

2020年は、仮想通貨市場の雰囲気がやはり違います。

 

2018年1月から2019年12月までの2年間、市場は低迷。

コンビニの雑誌コーナーにビットコインの文字を見ることは皆無。

 

しかし、世間が注目していない時こそが、安く仕込める【買い】チャンス。

逆に、コンビニや書店に仮想通貨関連の雑誌が大量に置かれる頃は、バブルのサインと判断し、【売り】時と考えています。 

www.ken46life.site