ken46@30代社畜の億り人計画(ライフ・仮想通貨・マネー)

脱社畜のために社畜リーマンが投資を学び、実践する生活力向上塾

2020年からビットコイン(BTC)価値と価格が上がる?

2020年こそ、ビットコイン価格が上がると信じたい!!

 

2019年1月もまったく同じ気持ちで、正月を過ごした記憶が・・・。

 

2017年12月のバブル、2018年の暴落、2019年の小回復、そして迎えた2020年。

 

世間がすっかりビットコインを忘れている今日この頃。

ビットコインにまだ投資していると話すと、家族や友達に心配されてしまう。

 

でも、愚かな私は信じている。-「ビットコイン・アルトコインのバブルが再来し、個人資産が増えて、サラリーマンを辞める日が来ること」を。

jp.cointelegraph.com

 

 2020年からビットコインの価格が上がる予想

 

<専門家による1ビットコインの価格予想>

✅平均レンジ:5,000ドル(54万7,000円)~12万9,000ドル(1411万9000円)

最高値予想:100万ドル(1億950万円)

✅最安値予想:0ドル(0円)

 

専門家の価格予想は、毎年「何の役にも立たない」ことだけは確か。

 

最高値100万ドル(1億円)って!?

最高値と最安値については、2019年の予想と全く同じです。➡大ハズレ!!

 

コインテレグラフのアンケートに対して、価格予想は「未回答」とする専門家が多い。立場上、気軽に予想できない人。あるいは、予想は不可能と判断する人。

 

[専門家の回答を読んだ私の考え]

仮想通貨市場は、株・債権・金などの市場に比べて、まだまだ参加者も少なく、マネーの流入も少ない。 規模が小さいため、ボラティリティは依然として高い。そのため、突然価格が上がったり、下がったりする変動は、2020年も継続。

 

特に、ビットコイン(BTC)価格に影響を与える最大の要因は、中国政府

2019年も中国の政府要人が発言する内容によってBTC価格が変化しました。2020年以降も同じ。ただし、それがいつ、どのタイミングで起こるかは予測不能。

f:id:ken46abeshi:20200102145023j:plain

中国がビットコインの歴史を作る

1月中旬はBTCの暴落に注意

2020年、1年間を通して見れば上昇基調になるとしても、年始の1月は毎年価格が暴落している事実があります。

 

歴史は繰り返す

 

とすれば、投資行動としてベストな選択は、「1月中旬までは、何もせず、価格を監視するのみ」

実際に、価格が暴落すれば、絶好の買い場チャンス!

1月下旬に価格が落ち着いたところを確認して、ビットコインを買い増しするのが、タイミング良く儲ける投資の選択となりそう。

 

 

www.ken46life.site

  

ウィンクルボス兄弟のクリプト予想

gemini.com

 

仮想通貨取引所ジェミニを経営するウィンクルボス兄弟(タイラー&キャメロン)が、2019年12月31日に兄弟連名で投稿したブログより

 

Winklevossブログのまとめ

✅2020年代は、仮想通貨の時代になる。

✅この10年以内に、仮想通貨は、個人の尊厳を保護することで、インターネット・金融システム・お金を再構築するだろう。

注意すべきは、2020年の単年ではなく、2020年から始まる10年間のうちに、仮想通貨は日常生活に不可欠な存在になると。

f:id:ken46abeshi:20200102151530j:plain

10年間で変化する人類の生活スタイル

たしかに10年もあれば、人類の生活が様変わりする点は共感できる。

 

10年前の2010年、私は初めてiPhone4を手にしました。その時は、YouTube視聴とゲームをするぐらいの使い方でした。

iPhoneがこれほど生活の全てを占めるなんて考えもしなかった。毎日、起きてから、移動中、仕事中、寝る直前まで、常にiPhoneから繋がるネットとともに生活している。自宅でパソコンを開く機会が極端に減りました。

今や、iPhoneなしの生活なんてとても考えられない。

 

とは言え、仮想通貨(ビットコイン)が法定通貨に変わる存在にまで地位が上がるとは考えづらい。

しかし、ブロックチェーンの技術が、各種の証明(免許・住民記録・契約書等)分野で生活に普及していく未来は確率が高そう。今でいうところのTポイントやPontaのような存在として、証明書を発行した際に仮想通貨が円に換金できるおまけ(付与されるポイント)ぐらいの位置づけはあり得るだろう。

 

仮想通貨で勝つすごい指針 【袋とじ】著者の保有銘柄と投資割合を大公開!

仮想通貨で勝つすごい指針 【袋とじ】著者の保有銘柄と投資割合を大公開!

  • 作者:指針
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/12/15
  • メディア: 単行本
 

2020年5月のBTC半減期

2020年5月18日前後に迎えると予想される、ビットコインの半減期も価格上昇期待の要因です。

仮想通貨の半減期とは、マイニング報酬が半減される時期のこと。

 

「2度あることは3度ある」or「3度目の正直」

2012年と2016年の、過去2回実施された半減期においては、2度ともビットコインの価格が半減期の後に上昇。

そのため、今回も半減期を経て、ビットコインの価格が上昇すると信じている投資家が多いです。

 

ビットコイン信奉者、桁外れの上昇信じて来年の半減期に願いかける - Bloomberg