ken46@30代社畜の億り人計画(ライフ・仮想通貨・マネー)

社畜のために社畜が学ぶ生活力向上塾

仮想通貨の保有状況 ①アルトコイン(XRP/MONA/ETH/BCC/BTC)

まだまだ億り人にはほど遠いですが、

仮想通貨の購入計画と資産管理のために、

2018年2月末時点の保有資産を記録しておきます。

 

f:id:ken46abeshi:20181219170938p:plain

ビットコイン以外はアルトコイン

アルトコインのポートフォリオ

  1. リップル       :     1,520 XRP
  2. モナコイン      :        36 MONA
  3. ビットコイン     : 0.01751019 BTC
  4. イーサリアム     : 0.43840000 ETH
  5. ビットコインキャッシュ: 0.13080000 BCC

主な保有通貨としては上記のとおり。(2018.2.26時点)

購入は、国内の取引所である bitbank をメインに利用しています。

 

その他にも、海外の取引所でしか購入できないマイナーコインや草コイン(XPなど)なんかも、ちょっとずつ買い増し中。

 

f:id:ken46abeshi:20180331093336j:plain

 

コインチェック事件を含む1月からの仮想通貨市場の大暴落に巻き込まれ、見事に損失が膨らんで、完全に塩漬け状態です。

しかし、年末が異常なバブル相場だったため、この急降下も止む無し。

むしろ、今は安く買い増しができる好機と捉えています。

 

さらに、ここから保有通貨をどこまで増やしていこうかと思案中。 

『ふん。俺はガチホ組だから、しばらく低迷しても心配ないさ~。』と自分に強く言い聞かせています。

 

今後コインチェックが仮想通貨の取引を再開した時、一斉に資金を回避させる人がでるはず!

また急激な暴落とリバウンドが一瞬で起こると読んで、各通貨の1月安値付近で指値注文を入れています。

保有コインの中で、特にリップル(XRP)に期待しています!!

 

リップル(XRP)に期待する理由

❶リップル社と提携する金融機関が100社を超えている。

❷XRPの送金スピードと処理能力は、他のコインより非常に速い。

❸SBIの北尾社長や与沢翼氏ほか著名人が推奨している。

❹ビットコインは通貨として使いづらい。

 

現状、ビットコインの送金については、手数料も高く、入金の完了までに時間がかかるので、使い勝手がとても悪い。

実際、国内取引所から海外取引所 "Binance" へビットコインを送金した時に、今年1月10日の時点で、入金完了までに1時間以上もかかってしまい、(あれ?やばい、送金に失敗したかもっ!)と物凄くハラハラしてしまった。

 

ちなみに、昨年末にビットコインキャッシュを、取引所 "bitFlyer" から "bitbank" へ送金した際は、手数料ゼロ円で数分のうちにサクっと完了。

 

ビットコインに関しては、ただ単に仮想通貨【第1号】という存在から、暫定的に基軸通貨になっているだけです。

近いうちに必ず、イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュに追い抜かれて、『ビットコイン??あー、そーいえば、そんなコイン昔あったよね』ぐらいの感じになると予想してます。

 

とはいうものの、今までの私の人生においては国際送金するような機会がなかったため、現行のスウェルの高い手数料や遅い送金速度については、実体験したこともなく不憫に感じることもありませんでした。

 

仮想通貨が普及した今、私にでも国内取引所から海外取引所へたかが数時間でビットコインを送金できました。すごい技術革新です。

 

社畜の私が海外に気軽に送金できてしまう。仮想通貨の技術で、世界が身近に感じる、素晴らしい体験。

 

www.ken46life.site