ken46@40代社畜の億り人計画(ライフ・仮想通貨・マネー)

脱社畜のために社畜リーマンが投資を学び、実践する生活力向上塾

ハンドソープ売り切れ!マスク・トイレットペーパーに続く品薄

ハンドソープが売り切れになる世の中

 

マスクがなくなり、トイレットペーパー、ティッシュペーパーがなくなり。

コロナ・ウイルスの感染が世界中で拡大した結果、ついに手洗い用のハンドソープさえも手に入りづらくなりました。

3月までは売り切れになりそうな気配もなく、お店の棚に潤沢に並んでいたハンドソープ。

 

ネット通販でも、ハンドソープ【在庫なし】の表示

ただし、4月12日の時点でも、Amazonではまだ販売されていますが、通常の値段の3倍ぐらいの価格(1,000円から1,300円※送料別)で販売されています。

買いたい人が多くて、品薄の商品だから、「需要と価格の法則」から、価格が高騰するのは当然と言えば当然の結果。

f:id:ken46abeshi:20200412162417p:plain

マスク・トイレ紙の二の舞ハンドソープ

4月7日、日本政府から『緊急事態宣言』が発令され、小中高は休校期間の延長、週末は全国民が不要不急の外出を自粛中。

スーパー・ドラッグストア・ホームセンター、どこを回ってみても、プッシュタイプのハンドソープの売れ筋である「ビオレ」「キレイキレイ」がない。ない、ない、ない。

 

感染予防に最も有効な手段は、手に着いたウイルスを自ら眼鼻口で触れる前に、よく手洗いをして除菌することです。

マスクは感染者が飛沫を抑えるために着用する衛生品であって、ウイルス感染を完全に予防できるものではありません。マスクの網目より、微小な細菌ウイルスの方が小さいため、マスクを着けていてもウイルスは鼻と口から侵入できます。

【接触感染】を完全に予防する観点から考えれば、マスク以上に手洗い用のハンドソープの方が今は貴重品と言えるかもしれません。

 

「ハンドソープ売り切れ」の声多数

4月に入ってからの数日間、ツイッターでも【ハンドソープ・売り切れ】の声が続出!

ドラッグストアをはしごしてみても、首都圏を中心に全然買えなくなっている状況がうかがい知れました。

 

私が住む静岡県は、緊急事態宣言の対象地域ではありません。

4月12日の日曜日にドラッグストアでハンドソープはまだ売っていましたので、無事に購入できました。

買えると一安心。買えないと不安でしょうがない消費者心理。

 

やはり非常時に備えて、常日頃から少しづつ備蓄することの必要性を再認識

 

「もし今この時期に、大地震が来たら・・・。」なんてことを想像するだけでゾッとします。しかし、可能性はゼロではないので、家族を守るためにも、生活必需品や食料は非常時に生活できる余力を蓄えておきたいところ。

ハンドソープがなければ石けんで手洗い

f:id:ken46abeshi:20200412162444j:plain

日本国内で、手洗いといえば、自宅やお店、公共機関でも、泡タイプ又は液体タイプのハンドソープが定着しています。

とは言え、ハンドソープがなければ昔のように石けんで手洗いすればいいだけのこと。石けんを自分でゴシゴシと泡立てて、指先から手首までていねいに洗えば、付着したウイルスは洗い流せます。

 

プッシュして出てくるハンドソープは確かに便利ですが、ひと昔前まで家でも学校でも石けん手洗いが当たり前でしたからね。

もしも石けんまで店頭から完全になくなったら、ホントにカオス状態ですが...。

 

 

www.ken46life.site