ken46@30代社畜の億り人計画(ライフ・仮想通貨・マネー)

社畜のために社畜が学ぶ生活力向上塾

自称「サトシ・ナカモト」クレイグ・ライトがロジャー・バー訴える

Bitcoin.comのCEOであるロジャー・バー(Roger Ver)氏が、自称「サトシ・ナカモト」を名乗るクレイグ・ライト(Craig Wright)氏から名誉棄損で訴訟を受けていると報道されました。

 

バー氏は以前、ユーチューブの動画で、ライト氏について「詐欺師で、嘘つき」と発言していました。

この発言が、今回の訴訟につながったとのこと。

なお、このYouTube動画は、規定違反のため現在は削除されています。

f:id:ken46abeshi:20190505170338j:plain

ビットコインキャッシュの対立は訴訟に発展

クレイグ・ライトはロジャー・バーを名誉棄損で訴えた

2018年11月には、ビットコインキャッシュのハードフォークの際に激しく対立した両者。

最終的に【ビットコインキャッシュABC(BCHABC)】と、【ビットコインキャッシュSV(BCHSV)】に分裂し、闘いは終息したかのようにみえました。

しかし、対立はついに訴訟問題に発展することに。 

 

訴訟を連発するクレイグ・ライト

ライト氏は、このほかにも、名誉棄損の訴訟を連発中。

 

4月には、ビットコインのライトニングネットワーク普及を目指す活動「Lightning Torch」を始めた@hodlonaut、イギリスの仮想通貨ポッドキャスターのピーター・マコーマック氏。

さらに、仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の共同創設者であるビタリック(Vitalik Buterin)氏を含む、暗号分野に携わる多くの人々に対して訴訟を起こしています。

 

【☟クレイグ・ライト氏本人の怒り姿】 

www.youtube.com

ビットコインキャッシュSVの上場廃止と価格下落

ライト氏の訴訟連発行動に対して、強い怒りを感じる取引所

 

バイナンス(Binance)やクラーケン(Kraken)など、世界的に巨大な仮想通貨取引所は、ライト氏が率いるビットコインSVの上場廃止を4月中旬ごろに決定しました。

 

 

4月15日、上場廃止のアナウンスを受けて、ビットコインキャッシュSVの価格は急下落。

 

市場の流動性がなくなること、コイン自体の将来性も不透明になることから、一斉に売り注文が出ました。

 

f:id:ken46abeshi:20190505174147p:plain

ビットコインSV(BCHSV)価格は急下落

そして、4月22日。

事前のアナウンス通りに仮想通貨取引所バイナンスから、ビットコインキャッシュSV(BCHSV)は取引所から消えました。

 

f:id:ken46abeshi:20190505170042p:plain

Binanceで、BCHを検索すると、ABCのみ

上場廃止について、両氏がどう考えているのか気になりますが・・・。

 

ライト氏が訴訟を連発する意図は、自身こそが謎に包まれた「サトシ・ナカモト(=ビットコインの発明者)」本人であると証明するためのパフォーマンスとも見られています。

 

しかしながら、ビットコインキャッシュSVのユーザーやホルダーにとっては、コイン自体を取り扱う取引所が減ることは、単なるマイナス材料でしかないはずです。

 

対するロジャー・バーの反応

f:id:ken46abeshi:20190505170229j:plain

サトシ・ナカモトは子供なのか?

報道によると、バー氏は、法廷でライト氏と真っ向争う姿勢を示しているとのこと。

 

バー氏は次のように記者へ回答。

 

ー私は、彼(クレイグ・ライト)が詐欺師で嘘つきだと示す動画を再び公開する予定でいる。

ー私は、(訴訟については)少しも心配はしていない。

世界により経済的な自由をもたらすためのツールを築く開発者を雇うよりも、この訴訟にいくらかお金を費やさなければならないことに、私は悩んでいる。

 

感情の赴くままに訴訟を繰り返す自称「サトシ・ナカモト」

 

対照的に、「ビットコイン・ゴッド」の愛称を持つロジャー・バーは、仮想通貨や社会の発展を見据えた発言をしました。

どちらが紳士的であるかは、誰の目にも明らかです。

 

www.ken46life.site

 

bitbank